フィリピン西ビサヤ州大学との第三回交流会

本学とフィリピン、西ビサヤ州大学との間で第三回交流会を開催しました。

1月27日、本学とフィリピン、西ビサヤ州大学との間でインターネット電話を通じた第三回交流会を開催しました。同交流会では、西ビサヤ州大学の理数科教員を目指す学生と主に本学の国際教育コースの大学院生の代表が一名ずつ模擬授業を行いました。
本学の大学院生は、数学を題材に、特にOpen-ended approachを用いて、周囲が一定のさまざまな図形の面積の求め方について授業を行いました。


西ビザヤ州大学の学生は、理科を題材とし、物質の密度の違い、密度の求め方について授業を行いました。
双方の授業の後は、授業についてのディスカッションを行い、活発に意見が交わされました。

授業では、遠隔会議システムを用いており、音声等での制約がありましたが、一体感のある模擬授業を行うことができ、ディスカッションも文化・国境を越えた質の高いものとなりました。