国際交流フェスタ「新世紀の国際交流を探る」

概要

鳴門教育大学に学んでいる多くの留学生や教員研修留学生、外国人研究員の方々と、鳴門教育大学学生や地域住民の方々の交流の場を提供し、新たな地域国際化ネットワークを創出するために「国際交流フェスタ」を開催する。本フェスタは、国際協力機構四国支部等の関連団体の協力を得て、国際協力活動についての幅広い議論のきっかけとなることが期待される。世界の国々の方々に、徳島での体験談、国際社会を生きる上での知恵等、多角的な視野から率直な話が聞ける機会となる。また模擬店でのパフォーマンス等を通して、異なる文化に触れる楽しさを深め、国際交流の輪を広げていく。

1.主催

鳴門教育大学教員教育国際協力センター、鳴潮祭実行委員会

2.後援

国際協力機構四国支部、徳島大学留学生センター、徳島県教育委員会、鳴門市教育委員会、 財団法人徳島県国際交流協会、財団法人鳴門市国際交流協会、国立大学法人筑波大学教育開発国際協力研究センター

3.日時

平成17年11月13日(日)13:00~17:00

4.会場

鳴門教育大学講義棟入口(臨時ステージ設営)

5.対象

本学の留学生、外国人研究員、学部生、大学院生、教員、附属学校教員、鳴門市教員、地域住民(小・中・高校生、保護者含む)

6.次第

13:00

開会の辞 鳴門教育大学理事(鳴門教育大学の国際経験) 齋藤 昇
挨拶 国際協力機構四国支部長(四国における国際協力)

  
13:20 第一部  世界の視野から徳島を語る-留学生の視点から-
   

(1) タンザニアから見た徳島 (Wangeleja Makoye Japhet、鳴門教育大学)
(2) 中国から見た徳島 (Hao Liang、鳴門教育大学)
(3) ケニアから見た徳島 (Ali Bashir Gulia、鳴門教育大学)
(4) ラオスからみた徳島 (Khammanivong Somsay、徳島大学)
(5) スリランカからみた徳島 (Kahandugodamanage Nadeera Sama Kumari、鳴門教育大学)
(6) カンボジアから見た徳島 (Nhar Heng、徳島大学)

質疑
14:10 閉会の辞

鳴門教育大学教員教育国際協力センター所長 齋藤 昇
     
休憩(15分間)
  
14:30 第二部

模擬店における参加型ワークショップ -食の文化を楽しむ-

第1ブース:トルコ料理 (Akdogan Pinar、鳴門教育大学)
タイ料理 (Kentomongon Puwadon、鳴門教育大学)
第2ブース:バングラディシュ料理 (Rahman Abuzayed Mohammad Saliqur、鳴門教育大学)
アルゼンチン料理 (Coolican Mariana、鳴門教育大学)

16:55 総括

鳴門教育大学教員教育国際協力センター教授 服部 勝憲