第1回 IT教育協力ラウンドテーブル

概要

IT は世界の教育の在り方に大きな変化をもたらしており、初等中等教育を中心に教育方法と教育内容の両面からの改革が求められている。開発途上国においても IT教育が普及し始めており、日本及び途上国の教員研修もこの視座から更なる充実が望まれる現状にある。これを受けて、本ラウンドテーブルでは、IT教育利用の条件整備など速やかに着手すべき施策について検討した上で、ITを活用した教育・研修プログラムの検討や、開発途上国向けのe-learning及び途上国教員のIT研修実現のための人材養成支援のあり方を議論する。

1.主催

国立大学法人鳴門教育大学教員教育国際協力センター

2.日時

平成17年11月26日(土)10:30~12:00

3.場所

鳴門教育大学B101教室
(〒772-8502 徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748番地)

4.対象

国際教育協力関係者、IT教育関係者

5.次第

司会 鳴門教育大学教員教育国際協力センター教授 服部勝憲

11:00 開会
挨拶 鳴門教育大学教員教育国際協力センター所長 齋藤 昇
11:00 鳴門教育大学INCETによるIT教員教育構想について
鳴門教育大学教員教育国際協力センター助教授 小原 豊
11:20 鳴門教育大学附属中学校におけるIT教育の取り組み
11:30 徳島県立総合教育センターにおけるIT教員教育の取り組み
11:40 総合質疑
11:50 総括 鳴門教育大学教員教育国際協力センター助教授 小澤大成
11:55 閉会