ペットボトルシャワー(Sprinkling Can)

言語: 
日本語




学年 高校2年(ナミビア)
単元 大気圧
時間数 8
ねらい 大気圧の存在を確かめたり,大きさを量ったりすることで,大気圧の存在とそのはたらき方を総合的に理解する。
対象概念
必要な材料 ・大きめのバケツ ・水 ・ペットボトル500ml ・くぎ ・ライター
教材の作り方 ①熱したくぎを用いてペットボトル500mlの容器の底に、8~10箇所の穴を開ける。
②水を入れたバケツに、ふたをしていない①のペットボトルを静かに浸ける。
③ペットボトルにふたをして取り出す。(水がもれないことを確認する)
④ふたをゆるめると、水がシャワーのように飛び出す。
教材の使い方
授業の流れ
大気圧の存在の導入で使う教材で、はじめてこれを行ったのが紀元前であることを伝えると、なお興味をそそる。目に見えない何かが、ペットボトル内に入り、水を押し出すことで、この現象が生ずることを実感させられる。その目に見えないものが大気である。
指導時のポイント
留意点
出典
対象地域
作成者・所属 ナミビア 理数科教師 今泉浩和
コメント とにかく簡単な器具なので、すぐに作れます。ふたをゆるめたり、閉めたりをくり返すと、水が出たり、止まったりします。かなり興味をそそります。

添付サイズ
指導案126.56 KB