飲めないジュース(Undrinkable Juice)

言語: 
日本語
教科: 
物理:physics




学年 高校2年(ナミビア)
単元 大気圧
時間数 8
ねらい 大気圧の存在を確かめたり,大きさを量ったりすることで,大気圧の存在とそのはたらき方を総合的に理解する。
対象概念
必要な材料 ・ジュースのビン340ml ・ガラス管 ・ゴム栓
教材の作り方 ①ジュースのビンにぴったり合う穴あきゴム栓にガラス管約20cmを通す。
②ガラス管の下端がビンの底に近づくように調節する。
③一度、ゴム栓をはずし、ジュースを半分ほど入れて、再びゴム栓をする。
教材の使い方
授業の流れ
大気圧の存在の導入で使う教材で、大気圧の力を借りないと、私たちはジュースを飲むことさえできない。ストローを吸ったとき、ジュースが飲めるのは、自分の吸引力ではなく、大気がかなりの力で押してくれていることを実感する。
指導時のポイント
留意点
出典
対象地域
作成者・所属 ナミビア 理数科教師 今泉浩和
コメント 最初にこのビンを見せると、生徒は飲めると思い込んでいます。実際にやってみると、飲めないので、かなりビックリします。逆さまにしたりするのは、タブーです。